毛の毛周期

毛の毛周期

体毛は体を守るために生えていますが、もとは皮膚が変化したものと言われており、毛の半分以上は皮膚の中にあるのです。皮膚の中にある毛を毛根と呼び、皮膚から外に出ている私たちが目に見えている毛を毛幹と言います。皮膚の中にある毛根部分の下は毛急と呼ばれるふくらんでいるところがあり、その先には毛乳頭が存在します。

この毛乳頭が毛細血管からたくさんの栄養をもらい、毛母細胞から分裂して生まれた毛を成長させています。このため、毛は抜いてしまえばもう生えてこないというわけではなく、数日すればまた生えてきます。また伸ばし続けてもある程度の長さまでしか伸びず、成長が止まるとその毛は自然と抜けます。そしてまた新しい毛が生えるのです。毛抜きなどで毛乳頭を抜いても、皮膚の毛穴の中に毛母細胞が存在するかぎり、永遠に毛は生え変わります。また毛の周期には毛の細胞が分裂してどんどん成長している時期の成長期、次に毛が成長しきって抜けはじめる退行期、成長が終わった毛が抜け落ちて、毛根が休む期間に入る休止期に分けられています。

体中の毛周期は全て同じと言うわけではなく、毛の生えている場所により異なります。脇毛の周期は、成長期が4ヶ月程度で、成長期に生える早さは、1日約0.2mmです。腕は成長期、休止期共に3~4ヶ月程度、ひざ下は成長期、休止期共に4~5ヶ月です。ビキニラインは他の部位よりも毛周期がかなり長めで、成長期が1年から長くて2年とされており、休止期が1年もあるのです。これらの毛周期は、サロンで脱毛する際にとても重要とされているため、知識としてしっておく必要があります。

関連記事

  1. 脱毛のメカニズム
  2. 脇毛の処理のはじまり
  3. 脇毛の歴史と役割