脱毛のメカニズム

脱毛のメカニズム

脱毛には、レーザーや光を使った脱毛方法があり、これらの脱毛のメカニズムや毛周期について知らない人が多くいます。そのため脱毛を1~2回受ければ脱毛効果を得られると勘違いをしている人が、脱毛が浸透している現在でも少なくありません。レーザーや光脱毛は、熱のエネルギーを使用しています。

熱は黒いものに反応する性質を持ち合わせているため、肌の表皮を通って毛根のメラニン色素にだけ反応し、熱により毛根にダメージを与え毛乳頭を破壊します。この熱エネルギーのより、毛に栄養を与える毛乳頭が破壊されることで毛が生えなくなるという仕組みです。ここで一番重要なのが毛周期になります。毛周期は部位にも異なりますが、同じ場所でも、全て同じと言うわけではなく、毛の一本一本の毛周期がバラバラなのです。

レーザーや光脱毛が効果を発揮するのは、毛の周期の中でも活発に成長し、メラニン色素が多く作られている時期の成長期にあたる毛で、細胞分裂が停止している退行期と休止期に入っている所には脱毛効果はありません。そのため、1~2回の脱毛の施術だけでは、ほとんど効果が得られないという事です。毛の周期を調べることは現段階では難しく、毛のおおよその周期に合わせて1回の施術後から1ヶ月ぐらいの期間をあけて、2回3回と施術を行います。

こうして数ヶ月にわたり何度も施術を繰り返すことで、自己処理をしなくてもいいくらいの脱毛効果が得られます。サロンのほとんどのプランは1年コースのところが多く、脱毛の効果が得られる期間は1年程度かかると思っておく事です。

関連記事

  1. 毛の毛周期
  2. 脇毛の処理のはじまり
  3. 脇毛の歴史と役割